行動力=・・・?

多くの人が誤解しています。

行動力に「モチベーション」は関係ありません。

行動力に「意志の強さ」も関係ありません。

行動力に「パッション(情熱)の有無」も関係ありません。

いい話を聞いても、いいことを思いついても、
自分はなかなか行動に移せない、あるいは長続きしない・・・

という人は多いと思います。

そういう人はだいたいこう言います。

「モチベーションが上がらない・・・」
「俺は意志が弱いんだ・・・」
「情熱の持てる分野じゃなかった・・・」

でも実は、その考えが間違っているのです。

行動力に「モチベーション」や「意志の力」は関係ありません。

・・・・・・

では一体、何が必要なのか―――?

それは、、、

行動力=「具体的」+「システム」+「信頼」

です。

●具体的

まず、行動する内容を具体的にすることです。
あいまいな表現や基準をなくすのです。

例えば、「朝早く起きるようにする」ではなくて、
「朝5時に起きて布団から出て水を1杯飲む」
とします。

 ●システム

自分の意志とは関係なくそうせざるを得ないように
システム化するということです。

例えば早起きの例でいうと、「目覚ましを5時にセットする」
さらに「二度寝を防ぐためにモーニングコールしてもらう」

自分の意志とは関係なく、やらなくてはいけない状況に追い込むこと

をシステムと言います。

●信頼

そもそも、やろうと思っていることを100%信頼できているか。
その情報源、やる意味が自分の中で完全に納得できているか。

例えば、朝イチが一番頭が働くということ、その時間に起きて
勉強することが最高の投資になるということを信じているか?
その情報をくれた人を信頼しているか?
これらを意識すれば、必ず行動力はUPします。

今まで、あなたが悪かったわけではないのです。

あなたの意志が弱かったわけではないし、
モチベーションが低かったわけでもないし、
情熱がなかったわけでもないのです。

 

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。