95%の人は目標の立て方を間違えている

「今月の目標は売上●●万円!」
「契約●●件!」
「集客●●人!」
「年収●●万円!」

ほとんどの人はこのように目標を立てます。

これ、ダメです。

なぜダメかと言うと、コントロールできないからです。

「売上」とか「契約件数」は、結果にすぎません。
たまたまかもしれません。
時期とか状況とか運とかもあるし、相手次第なのです。

達成できたとき、何が良かったのかはっきりと分かりません。
達成できなかったとき、次に何を改善すればいいのか分かりません。

つまり、達成するために何を頑張ればいいのか不明確なのです。

そして、達成するために頑張ったかどうかが計れないのです。

だから、

・自分でコントロールできて
・計測できること

を目標に設定するべきだと思います。

それはすなわち、

「行動目標」

です。

自分の努力次第で何とでもなる目標にするのです。
(逆に言うと、できなかったときの言い訳ができない目標です)

例えば、

3件の契約を取るために、
10件訪問する。

これだとまだ相手ありきなので、

10件訪問するために、
100件電話する。

「100件電話する」を目標にすれば、
自分次第で必ず達成できます。

これが行動目標です。

もちろんビジネスなので、売上・利益が求められます。
なので、100件電話した結果は必ず検証します。

結果的に必要な売上・利益を得ることができていれば
この行動目標は「これでOK」ということになります。

もし売上・利益が足りなかったとしたら、行動目標を
見直さなければならないことが分かります。

それは、もっと数を増やすことかもしれないし、
やり方を別の方法に変えることかもしれません。

思い通りの結果が出るまで繰り返し試すしかありません。

思い通りの結果が出るやり方が確立されたとき、
それを『システム』といいます。

システム化するというのは、こういうことなのです。

 

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。